「反応率」の目安とチラシを使って反応率を上げる方法を押さえよう

マンションや一戸建て、オフィスビルのポストに投函されるチラシは「ポスティング」とも呼ばれ、エリアごとのターゲットに合わせて配布が行われています。 ここでは、チラシの配布による反応率の目安と効率を上げるためのコツについて紹介します。

チラシの反応率の目安はどれくらい?

チラシが消費者に訴求し、実際に商品やサービスを利用してもらえる割合は「反応率」となって現れます。 反応率の目安は、0.01%から0.3%の間が一般的といわれています。(但し、業種や配布方法など、条件によって指標は異なります。)100枚の配布であれば1人~30人程度が反応するものと考え、それ以下の割合は費用対効果が期待できないと判断してください。 ただし、ターゲットを絞り込んだうえで配布を行う場合はもう少し反応率を高く見積もる必要があります。配布条件や方法を確認しながら目標を設定しましょう。

チラシの反応率を上げるコツ

次に、チラシの反応率を上げるコツを順番にみていきましょう。

ひと目で内容が把握できること

チラシに「企業理念」などが書かれていても、それをじっくりと読み込んでくれる人がどれほどいるかはわかりません。 受け取る側からみれば「すぐ理解できるかどうか」が第一の判断材料となるので、写真やイラストなどを使い視覚的に理解しやすい内容を目指したいところです。

必要な人に必要な情報を提供する

内容によっては、「うちには必要がない」と判断されてしまう可能性があり、チラシの効果は薄れてしまいます。 ターゲットとなる層に確実にアピールするためにも、必要な人の元に必要な商材やサービスが届くように対象者を絞り込むことが大切です。

独自の強みや特徴をアピールする

その商品・サービスにしかない強みや特徴をしっかりとチラシの中に盛り込むようにしましょう。「どこにでもあるもの」として捉えられてしまうと、ユーザーや消費者はチラシから気持ちが離れてしまいます。

企業名や連絡先は必ず明記する

信頼性の薄い企業の商品や商材を利用しようと思うユーザーは少なく、少しでも信用を失うと見込み客でも心が離れていってしまう可能性があります。 企業名や連絡先などの情報を手がかりにアクセスしてくれるユーザーも少なくないため、重要な情報は必ずチラシに明記するようにしてください。

チラシの作り方で反応率は変化する

商品やサービスの強みをわかりやすく提示することで、チラシは大きな集客効果をもたらします。そのうえでターゲット層に特化した内容であれば、さらなる効率化につながります。 チラシを受け取る側の状況や気持ちを踏まえて、反応率の高いポスティングを計画しましょう。

ポスティングを実施するならラインにお任せください

この記事に興味を持つ方は、他にもこんな記事を読んでいます。

21年05月27日ポスティング

ポスティングを始める前にチェック!よくあるお悩みは?

お店への集客や販促活動の一環としてポスティングを検討する際に、「大丈夫かな?」と何か不安に感じることはありませんか? 今回は、ポスティングを初めて実施する場合に、お客さまからよくお聞きするお悩みを3つご紹介させていただき…

続きはこちら→

21年04月21日ポスティング

こんな形状でも投函OK?捨てられない広告物の工夫

  ポスティングは、ポストにチラシを投函し、直接手にとってもらうことができる宣伝手法になりますが、近年ではマンションごとにポスト横にチラシをまとめる箱などが用意され、チラシを家の中まで持ち帰ってもらえるかどうか…

続きはこちら→

最新記事

21年05月27日ポスティング

ポスティングを始める前にチェック!よくあるお悩みは?

お店への集客や販促活動の一環としてポスティングを検討する際に、「大丈夫かな?」と何か不安に感じることはありませんか? 今回は、ポスティングを初めて実施する場合に、お客さまからよくお聞きするお悩みを3つご紹介させていただき…

続きはこちら→

21年04月21日ポスティング

こんな形状でも投函OK?捨てられない広告物の工夫

  ポスティングは、ポストにチラシを投函し、直接手にとってもらうことができる宣伝手法になりますが、近年ではマンションごとにポスト横にチラシをまとめる箱などが用意され、チラシを家の中まで持ち帰ってもらえるかどうか…

続きはこちら→

株式会社ライン 〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-14-21 双英ビル4F