ポスティングの集客力をさらにアップさせる方法(1)

ポスティングは他の広告媒体(新聞折込など)に比べて、反響率が高いといわれていますが、
その理由の一つが、軒並・一戸建・集合住宅・エリア指定など、チラシを直接ポストに投函する
ことだと言われています。

ポストの中を確認するという動作は、日常生活の中で習慣になっていることのひとつで、チラシなどを
ポストに直接投函するポスティングは、必ず一度はお客様に手に取って見ていただけるのが
最大の特徴です。

みなさまのご自宅に「ポスティングチラシ」が投函されていた時の事を思い出してみてください。
どんなチラシが目に留まりましたか? 自分に「関心・興味」があることが書いてある、
もしくは書いてありそうだなと思われるチラシは見てみたり、保管をしているかもしれませんが、
逆に自分に「関係ない・興味がない」と感じたら読まずに処分をしてしまってはいないでしょうか。

この判断をする段階では、チラシの細かい内容まで読んでいない方がほとんどです。

それでは、どうすればチラシを捨てないで見てもらえるようになるのでしょうか?
実は、ほとんどの方はチラシを手にとってからほんの数秒でその判断をしています。

これは一般に「3秒ルール」という有名なルールでチラシを3秒見て何の広告か分からない広告は、
見てはもらえないというものです。1秒で自分に関係や必要な情報のあるチラシか判断し、
3秒後に続きを読むかどうか判断しているのです。
最初に違和感をもったチラシは、どんなにデザイン性の高いチラシでも、苦労して数時間かけて
作ったものでも見てはもらえません。

では、どうすれば手元に取って読んでもらえるチラシになるのでしょうか?

5W1Hという言葉をご存知の方は多いかと思いますが、 その要素がしっかりしたチラシは
お客様から理解されやすく購買等の行動に結びつきます。

5W1H

大切なのは、目的(Why)ターゲット(Who)です。

何のためにチラシを打ち出すのか?
目的を明確にして、それを誰に伝えたいか? 誰に来てほしいか?

目的とターゲット

伝えたい事を伝えたい人に的確に伝える事がチラシの基本となります。
どんなにエリアを厳選しても、目にとまるチラシデザインを作らないと、見てはもらえません。
これらを明確にし、ターゲットに寄り添ったチラシをつくることで、反響率を高めましょう。

lineotoiawase

この記事に興味を持つ方は、他にもこんな記事を読んでいます。

16年05月16日チラシデザインポスティング

ポスティングデザインの反響分析は重要です。

株式会社ラインでは、全国のポスティング会社255社以上の取引実績と年間2億5000万部に及ぶ 発注実績を基に、全国規模の御見積から、配布地域の設定、進捗管理、配布報告書の提出まで、 全てを一括して行っております。 さらに…

続きはこちら→

16年03月25日チラシデザインポスティング

ポスティング集客に繋がる効果的なデザインとは

用紙選びはチラシの反響に影響する大切な要素の1つです。 同じインクを使って同じように印刷しても、紙の種類が異なると発色も大きく違い、もともとの紙の色が白色であっても、紙表面の凹凸やツヤなどによって発色は違ってくるのです。…

続きはこちら→

最新記事

16年09月06日ポスティング

オリンパスデジタルカレッジ

会社にあるオリンパス製のOM-D E-M10MarkⅡ。何事も基本は大事です。     営業の方もデザイナーもラフ制作や打ち合わせで、たまに簡易撮影をする機会があると思います。被写体が動かない商品から…

続きはこちら→

★初めてデザインに携わる、営業部新入社員向けの制作研修を楽しくやってます!

16年05月23日働き方

営業部用・新入社員向けデザイン研修マニュアル

★初めてデザインに携わる、営業部新入社員向けの制作研修マニュアルを制作しました!   暦通りの方、10連休とれた方、休みがなかった方、ゴールデンウィークはいかがでしたか? 世の中では毎年ゴールデンウィーク明けに…

続きはこちら→

株式会社ライン 〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-14-21 双英ビル4F